これからの歯科経営とは

歯科医院の経営は簡単ではありません!

歯科医院をこれから開業したい方、経営しようと思っている方に
今の歯科医院の状況やそこを知った上でどうしていくべきなのかを考えていきたいと思います。

さっそくですが現状で全国には歯科医院の数がなんと大体6万8千件あるといわれており、
歯医者同士の競争が非常に激しくなっているのに加えて、
歯科医院のは減るどころかここ数年も増え続けているのです。
わかりやすく例えれば6万8千とはコンビニの1.4倍の数なんだそうです。
近所の道を歩いているだけでもコンビニは何個かありますよね、
そんなよく見かけるコンビニよりも多いというんですからかなりの数、規模と言えるでしょう。

もう優れた技術を持っていても経営を続けていけるとはかぎらないのが現状なのです。
この状況の中でどうやって生き残っていくか、非常に難しい問題だと思います。
利用する側も行くならここがいいと思ったところへずっと通いたいですし
歯科医院にとってもそんな患者さんを多く増やしたいですよね。

どうにかして患者に来てもらえるようにすることも大事ですが、
資金を使うところは使い、節約できるところはする必要もあります。
でないとすぐ赤字になって苦労して立てた歯科医院がなくなってしまうかもしれません。
増収を考えることはもちろん、毎月の維持費の分析、分析した上での節約できそうなところ、
人件費は2割以内くらいなど、材料費や技工量を把握しておく必要もあります。
歯科経営のご相談はこちら
ですが節約してばかりでもいけません。
たくさんの患者さんに来てもらえるようにすると考えると
歯科医院全体の水準を上げることも大事ですし印象を上げることも必要になります。
一緒に働いているスタッフ達とのコミュニケーションや協力することもすごく大事なのです。
そうすることでスタッフのモチベーションが上がったり、院内の雰囲気もよくなるでしょう。

紹介 iphone修理は神戸三宮のアイスマイル

おすすめ記事