歯科医院の格差

歯科医院の経営の格差

歯科医院って今現在全国で6万件をも超えるって知っていますか?
それに年々加え新しく開業される歯科医院などの数が増えているのが現状なのです。
さらに増えるとなると起こる問題に歯科医院達同士の競争も激しくなり経営するのが困難にもなっています。

そして増えつづけるとやはり減る方もでてくるというもので、
とくに都内などでは一日一軒のスピードで廃院や倒産する歯科医院がでているということも耳にします。
このように現状歯科医院を新設や経営しようと考えている方達はこれを踏まえたうえで
どのような工夫や努力をして生き残っていくかが重要になってくるでしょう。

まずその激しい競争のためにもたらされる格差はどんなものなのかですが、
開業してしていない歯科医も含めて歯科医師の平均年収は700万円前後。
となると維持費や先行投資のことを考えても決して多くない収入ですよね。
逆に人気がある歯科医院の経営をしている人たちの中には数千万円をも超える収入を得ている場合もあるのです。

なぜそのような違いがでてくるのかというと、
インターネットの普及によって一度に色々な歯科医院のランキングや口コミ、
情報などが掲載されたりサイトなども増えたことにより、人気が出る。
そのため人気のあるところには私も行ってみようとなり人が集まってくるのです。
それが歯科医院の格差が起きている大きなところですね。

しかし知名度が高く口コミの評価が多ければその歯科医院はすごく良いんだ!とも限らない場合もあります。
そして小さい規模ながらも頑張っている確かな技術や治療、対応の良さがいい歯科医院でも
格差のために消えてしまうなんてこともありうるのです。
なので大切なのは周りの情報を全て信じるのではなく自分が本当に良いとおもった歯科医院を見つけることが大事なのです。

おすすめ記事